WorksConcerts 主催公演

ジョバンニ・ミラバッシトリオ&サラ・ランクマンサラ・ランクマン(C)Beatrice Cruveiller
公演は終了しました

「21世紀のコンセール・スピリチュエル-音楽の力-」コンサートシリーズ第3回 ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ・コンサート feat. サラ・ランクマン(Vo)

時に優しく、時にエモーショナル、
新時代のヨーロピアン・ジャズがここに
フランス映画のような、美しくも繊細な21世紀のジャズ・サウンド

哀愁とセンチメンタリズム溢れるピアノ・サウンドが定評の、孤高の天才ピアニスト、ジョバンニ・ミラバッシがヒルサイドプラザに登場!ブルーノート東京での伝説のライブアルバムが多くの賞に輝くなど、日本でも人気絶大なミラバッシ。最近では宮崎駿のアニメ映画の主要テーマを基に、美しくもアグレッシブなジャズを披露したアルバム「アニメッシ」が好評で毎年のように来日しツアーを行なっています。特に今回は、彼自身が発掘、プロデュースした2012年のモントルー・ジャズ・フェスティバル・シュア国際ジャズ・ヴォーカル・コンクール優勝の女流ヴォーカリスト、サラ・ランクマン をフィーチャーし、叙情的で美しいメロディー満載のヨーロッパ・ジャズを披露します。

【公演概要】
公演日 : 2018年2月25日(日)14時開演 (開場13:30) 
出演 : サラ・ランクマン(ヴォーカル)、ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ(ジョバンニ・ミラバッシ(ピアノ)、ジャンルカ・レンツィ(ベース)、ジーン・ジャクソン(ドラムス))
演奏曲目 :  
「Inspiring Love」「À contretemps」「On s’est aimés」「Autumn leaves(枯葉)」「君をのせて~『天空の城ラピュタ』より」 ほか
*演奏曲目、曲順は変更となることがございます。あらかじめご了承下さい

チケット : 全席自由(税込)5,500円 (ワンドリンク込み)
クラブヒルサイド会員 5,000円(クラブヒルサイド事務局 03-5489-1267のみ取り扱い) 
*就学前児童の入場はご遠慮下さい 
チケット・お問合せ :
ヴォートル・チケットセンター 03-5355-1280(オペレーター対応/月~金10:00~18:00) http://ticket.votre.co.jp/
チケットぴあ 0570-02-9999 http://t.pia.jp/ 《Pコード:100-098》

主催 : オザワ・アート・プランニング合同会社
協力 : クラブヒルサイド

ジョバンニ・ミラバッシ Giovanni Mirabassi (ピアノ)
イタリア・ペルージャ生まれ。
現在は、パリ・モンマルトルに居を構え世界を股に音楽活動を展開している、ヨーロッパのジャズ・シーンを代表するピアニストの一人。
3歳よりピアノを始め、10歳の頃にジャズと出会い、独学で勉強を始めた。1992年にパリに移住、1996年のアヴィニヨン・フェスティバルで大賞を受賞した。その後、「Victoire du Jazz」、「Django d’Or」などフランスの主たるジャズ賞を総なめしている。イタリア出身の世界的なジャズ・ピアニスト、エンリコ・ピエラヌンツィを敬愛し、クラシック・ピアノ界の巨匠、アルド・チッコリーニにピアノの手ほどきを受けた彼は、2001年に世界各国で民衆に歌い継がれている反戦歌、革命歌をソロ・ピアノで演奏したアルバム「AVANTI!」(澤野工房より発売)で一躍その名を日本のジャズ・ファンの間に浸透させた。このアルバムはこよなく自由を愛するミラバッシの心の叫びとなって、ジャズ・アルバム、それもピアノ・ソロの作品としては異例の日欧で10万枚のセールスをあげるヒット・アルバムとなった。2010年にはその第二弾とも言える「Adelante」を発表、そこには、「リリー・マルレーン」、「モスクワ郊外の夜は老けて」、「インターナショナル」といった日本でも馴染の楽曲が収録されていた。
2015年1月には、全曲ミラバッシ本人の選曲による、日本のアニメ・ソングを愛する想いと情熱が込められた会心のアルバム「アニメッシ~天空の城ラピュタ ほか~」がリリース。名作アニメに新たな生命を与えた傑作として話題となった。

サラ・ランクマン Sarah Lancman  (ヴォーカル)
「彼女こそ、ジャズ界に現れた真の新しい歌声である」(クインシー・ジョーンズ)
これは、サラ・ランクマンが2012年のモントルー・ジャズ・フェスティバルで行われた国際コンペティションで第1位を獲得した時にクインシー・ジョーンズが語った言葉である。
ピアニストであり、作曲家であり、そして、歌手という多くの才能に恵まれたサラは、まさしく、新世代を代表する歌い手の一人である。7歳の時にピアノを始めた彼女は、最初はクラシックのトレーニングを、そして、ジャズのトレーニングをパリの音楽院で受けた。編曲、作曲方面に強い関心を持ち、「Haute Ecole de Musique」ローザンヌ校のジャズ科でピアノ及びヴォーカルを専攻した。以降、数多くのジャズ・フェスティバルへの出演、ジャズ・クラブへの出演することでキャリアを重ねていった。活動の地域はフランス、スイスのみならず、トルコをはじめとする多くの国に広がっていった。
2015年、初のアルバム「DARK」(Blew Records Music)を発表、多くのメディアから高い評価を受けた。その直後に、ジャンゴ・ラインハルト賞、フランス音楽大賞など多くの受賞歴を誇るピアニスト、ジョバンニ・ミラバッシとの出会いが、彼女の方向を決定づけた。ミラバッシは彼女の歌声を「私が長い間捜し求めていたものであり、それは単に才能に溢れた、というだけのものではなく、感情を最大限に表現し得る技術を有した稀有なものであった」と評価、新しいアルバムの為にオリジナル曲を書くことを強くすすめた。その結果として生まれたアルバムが2016年にニューヨークで録音された「Inspiring Love」である。10曲のオリジナル曲で構成されるこのアルバムには、アレックス・シピアギン、ジャンルカ・レンツィ、ジーン・ジャクソンといった錚々たるミュージシャンが参加、同年10月に発売されると、彼女の評価は一段と高まり、ヨーロッパを中心にその存在は多くのファンに知られつつある。 最新アルバムにはジョバンニ・ミラバッシの盟友、TOKUがスペシャル・ゲストで参加しているという。

代官山ヒルサイドテラスについて

建築家 槇文彦氏の手によって建てられた「ヒルサイドテラス」は住居・店舗・オフィスからなる複合建築で、1967年から1992年まで数期に分けて段階的に建設されてきました。「ヒルサイドテラス」は、その建築空間と、そこに展開されるプログラムによって都市文化をつくり、それは「代官山」の成立に深く影響を与えてきました。
ここでは、数々のイベントが開催されています。1982年から始まったSDレビューは新進気鋭の建築家の登竜門となり、「ヒルサイドギャラリー」は国際的アーティストの輩出に貢献してきました。
1987年「ヒルサイドプラザホール」の完成によりヴァイオリニスト原田幸一郎氏を中心とするヒルサイドプラザ・コンサートの開催など音楽活動が加わり、さらに1992年のヒルサイドフォーラムの誕生はこれら文化的生活の拠点として、その位置を決定的なものとしました。
これら「代官山ヒルサイドテラスにおける文化活動」に対し、1998年度メセナ大賞が授与されました。
http://hillsideterrace.com/ 
http://hillsideterrace.com/archive/history/index.html

主催公演一覧へ戻る
Go to Top