Artists

Christian-Vásquez-_-Dahory-González-16

クリスティアン・バスケスConductor

CHRISTIAN VASQUEZ (Conductor)

テレサ・カレーニョ・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ音楽監督(ベネズエラ)

スタヴァンゲル交響楽団音楽監督(ノルウェー)

アーネム・フィルハーモニー管弦楽団首席客演指揮者(オランダ)

 

1984年カラカス生まれ。9歳でサン・セバスティアン・デ・ロス・ レジェス交響楽団にヴァイオリン奏者として加わる。2006年、ホセ・アントニオ・アブレウ博士のもとで指揮を学び、ほどなくホセ・フェリクス・リバス記念アラグア青少年交響楽団の音楽監督に就任。20084月、シモン・ボリバル交響楽団にマーラー交響曲第2番を指揮しデビュー。

その後、テレサ・カレーニョ・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラの音楽監督に就任。2013年には同オーケストラを率いてザルツブルク音楽祭に出演。さらに2015年には日本を含むアジア・ツアー、そして2016年にはロンドン、リスボン、トゥールーズ、ミュンヘン、ストックホルム、イスタンブールなど4度目の欧州ツアーを行ない成功に導いた。

20138月からはノルウェーのスタヴァンゲル交響楽団の音楽監督に就任、2019年まで契約は延長されている。さらに2015年からは、オランダのアーネム・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者を務め、オランダ国内外でツアーを行なっている。

 

2008年フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団を指揮しヨーロッパ・デューを果たし、続く2009年にはスウェーデン・イェヴレ交響楽団を指揮、同オケとは2012年から首席客演指揮者となった。

その後、英国フィルハーモニア管弦楽団、ハーグ・レジンティ管、スイス・ロマンド管、ウィーン放送響、ドイツ放送フィル、ロシア国立響、東京フィル、シンガポール響、フランス国立トゥールーズ管、ベルリン・コンツェルトハウス響、プラハ放送響、イスラエル・フィル、オタワのナショナル・アーツ・センター響、ロサンゼルス・フィル(ドゥダメル・ヤング・アーティスト・フェローシップ)、ロッテルダム・フィル、トゥルク・フィル、ヘルシンキ・フィル、エストニア国立響など、世界中のオーケストラと共演を果たしている。

 

2117/18年シーズンは、デンマーク王立歌劇場にてデンマーク国立響とのニューイヤー・コンサートを開催、その後ノルウェー放送管弦楽団へデビューを飾り、アイルランドのRTEナショナル交響楽団や、イタリアでのハーモニー・フェスティバル・オーケストラと共演を果たした。4月にはスタヴァンゲル響とモスクワ、サンクトペテルブルク、ラハティ、アムステルダムとツアーを行ない、2018年2月にはアーネム・フィルと欧州ツアーを行なっている。

 

南米ベネズエラの音楽教育システム「エル・システマ」の出身で、ドゥダメルに続く次世代の指揮者として、その実力への期待は世界中に広まっている。


http://www.christianvasquez.com/en/ 

CHRISTIAN VASQUEZ (Conductor)

The Venezuelan maestro is the music director of the Stavanger Symphony Orchestra since August 2013. His four-year tenure has already been extended to lead the orchestra until 2019. The 2015/16 season saw him become the Principal Guest Conductor of the Het Gelders Orkest, starting his tenure with a tour of the Netherlands.

The current season 2018 began with the Vasquez’s return to the National Opera Denmark leading the great New Year Concert with the Royal Orchestra of Denmark. He also made his debut with de Norwegian Radio Orchestra . In February, he led a European Tour with the Arnhem Philharmonic.

His upcoming commitments include performances with the RTE National Symphony Orchestra of Ireland and the Harmony Festival Orchestra in Italy, in addition to his regular schedule with the Stavanger Symphony and the Arnhem Philharmonic.

In 2008, Vásquez conducted the Simón Bolívar Symphony Orchestra of Venezuela and the Orchestre Philharmonique de Radio France. In 2009, he made his debut with the Gävle Symphony Orchestra and this led to his appointment as its principal guest conductor for the 2012-2013 season.

Highlights of 2010 and 2011 include appearances with the Philharmonia Orchestra, the Vienna Radio Symphony Orchestra, the German Radio Philharmonic Orchestra, the Russian State Symphony Orchestra, the Singapore Symphony Orchestra, the Orchestre National du Capitole de Toulouse, the Israel Philharmonic Orchestra, the National Arts Centre Orchestra and the Los Angeles Philharmonic; the latter during his participation in the Dudamel Fellowship programme.

During the 2012-2013 season, Vásquez made his debut with the Orchestre de la Suisse Romande, the Leipzig Gewandhaus Orchestra and the Camerata Salzburg, with which he embarked on a tour that included concerts at the Grosses Festspielhaus in Salzburg, the Konzerthaus in Vienna, the Alte Oper Frankfurt and the Berliner Philharmonie.

That same season, he led the Helsinki Philharmonic Orchestra and the Tokyo Philharmonic Orchestra, and performed as principal conductor of the Teresa Carreño Orchestra of Venezuela (TCYOV) in Toulouse, Hamburg and Stavanger.

The 2014-2015 season saw his debut with the Norwegian National Opera Orchestra, the Turku Philharmonic Orchestra, the National Symphony Orchestra of Mexico, the Basel Symphony Orchestra and the Munich Philharmonic Orchestra. That season’s conducting appointments also included appearances with the Seongnam Youth Symphony Orchestra and the Luxembourg Philharmonic Orchestra, as well as the 2015 New Year’s Eve gala concert with the Royal Danish Orchestra.

In 2014, he guest conducted the Berlin Konzerthausorchester, the Prague Radio Symphony Orchestra, the Bilkent Symphony Orchestra, the Arnhem Philharmonic Orchestra and the Helsinki Philharmonic Orchestra. His performances with the TCYOV in Stockholm, Lisbon, Toulouse, London and Istanbul won him high praises. They also performed in Milan at Teatro alla Scala and toured Asia in 2015. In 2016 Vásquez led a tour of Europe which saw them perform in London, Lisbon, Toulouse, Munich, Stockholm and Istanbul.

Vásquez —who began to study violin at the age of eight in San Sebastián de los Reyes, state of Aragua— started his conducting studies in 2006, under the guidance of maestro José Antonio Abreu, and was appointed as music director of the Teresa Carreño Symphony Orchestra soon after.
http://www.christianvasquez.com/en/



スケジュール・公演料など、お気軽にお問い合わせください。

Artists一覧へ戻る
Go to Top