WorksConcerts コンサート企画&プロジェクト

クリストファー・ハーディ

クリストファー・ハーディ & 林正樹  パーカッション & ピアノ デュオ・コンサート

時空を超え、古えのリズムと彩やかな響きでいまをつなぐ「音世界」
~スティングとも共演する世界のマルチ・パーカッショニストと、
いま最も引っ張りだこのピアニストのスーパーセッション!

世界的パーカッショニストであるクリストファー・ハーディと、椎名林檎や渡辺貞夫、菊地成孔など著名ミュージシャンたちに引っ張りだこのピアニスト、林正樹 による、幻想的かつ古の響きに彩られた豊かな音楽をお届け致します!
ジャズをベースとしつつ世界中の民謡や伝承曲、そして美しいメロディーに彩られたオリジナル作品を、巧みな編曲と演奏により、現代のサウンドとして奏でます。
様々なパーカッションの音色とリズム、そしてカラフルなピアノの響きによる、幻想的な音世界をお楽しみ下さい。
コンサートホールのみならず、プラネタリウムや美術館、博物館などでの公演も可能です。

クリストファー・ハーディ(パーカッション)
「Artists」ページを参照下さい。

林正樹 (ピアニスト、作曲家) Masaki Hayashi  (Piano, Composer)
1978年東京生れ。大学在学中の 1997年12月に、伊藤多喜雄&TakioBand の南米ツアーに参加。音楽家としてのキャリアをスタートさせる。現在は自作曲を中心とするソロでの演奏や、生音でのアンサンブルをコンセプトとした「間を奏でる」、田中信正とのピアノ連弾「のぶまさき」などの自己のプロジェクトの他に、「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」、「Salle Gaveau」,「Blue Note Tokyo All Star Jazz Orchestra」など多数のユニットに在籍。
演奏家としては、渡辺貞夫、小野リサ、椎名林檎、長谷川きよし、をはじめ多方面のアーティストと共演。多種多様な音楽的要素を内包した、独自の諧謔を孕んだ静的なソングライティングと繊細な演奏が高次で融合するスタイルは、国内外で高い評価を獲得している。昨年秋にソロピアノ・アルバム『Lull』を〈SPIRAL RECORDS〉よりリリース。

映像資料:2017年9月9日 高崎市のガトーフェスタハラダ エスポワールホールでの公演

コンサート内容・スケジュール・公演料など、お気軽にお問い合わせください。

コンサート企画&プロジェクト一覧へ戻る
Go to Top