Worksツアー&プロジェクト -Touring & Project-

逗子文化プラザホール_SHANTI_A4_表
逗子文化プラザホール_SHANTI_A4_裏

Zushi Bunka Plaza Hall presentsSHANTI ソロデビュー10周年記念コンサート in 逗子

SHANTI Acoustic New Year Concert in Zushi with String Quartet

抜群の表現力と癒しのオーガニック・ヴォイスで聴衆を魅了する歌姫SHANTI(シャンティ)
逗子で生まれ育った彼女が贈る、地元逗子のためだけの特別なステージ 

スタンダード・ナンバーからオリジナルまで、上質な歌声と繊細な弦楽四重奏の音色が響きあう、
究極のアコースティック・ライブ

【公演概要】

日時 : 2022年1月15日(土)14:00開演(開場13:30)
会場 : 逗子文化プラザホール
    神奈川県逗子市逗子4ー2ー10 Tel: 046-870-6622
    アクセス:京浜急行「逗子・葉山」駅より徒歩2分 JR「逗子」駅より徒歩5分
    *駐車場の台数に限りがございます。できる限り公共交通機関をご利用下さい
出演 : シャンティヴォーカル・作曲)
    弦楽四重奏:鈴木浩司、奈須田 弦(ヴァイオリン)飯野和英(ヴィオラ)西谷牧人(チェロ)
プログラム :Fly Me To The Moon
       Over The Rainbow
Hard Times Come No More Again
Frost Flower 他
       *曲目は変更となることがございます。あらかじめご了承下さい

チケット : 全席指定(税込)3,500円
ご予約・お問合せ : 逗子文化プラザホール Tel: 046-870-6622 (受付時間 9:00~20:00)
*インターネットでもご予約いただけます https://www.bunka-plazahall.com 

主催:逗子文化プラザホール(指定管理者:逗子文化プラザパートナーズ)
企画制作:OZAWA ART PLANNING LLC

シャンティ  SHANTI(Vocal, Compose)
優しくも深く包み込む魅惑のオーガニック・ヴォイス。
活動26年以上、ソロ・デビュー10周年を迎えた、ジャズ界発信のトライリンガル・アーティスト。
逗子生まれ、葉山育ち。幼少期より音楽に触れ、1997年バークリー音楽院サマースクール留学帰国後、CMの作詞作曲、ナレーション、ライヴ活動等を開始。
そのソング・ライティングのセンスや歌唱力が多くのアーティストを魅了し、桑田佳祐、マリーン、TAKE6、渡辺香津美、佐藤竹善、小松亮太など、名だたるミュージシャンたちと様々な形でコラボレーションを行ないっている。
2010年6月日本コロムビアより『Born To Sing』でメジャー・デビュー。配信アルバムがiTunesのジャズ・チャート1位を獲得するなど、発売直後から「SHANTI」の名とその類まれなるオーガニック・ヴォイスは、TV出演やCM起用などにより瞬く間に日本全国へ知れ渡る。ハイレゾ配信 e-onkyoで配信チャート2週間連続1位を獲得、さらには過去のアルバムも含めて1~6位を独占。12年のジャズ部門受賞に続き、15年6月にリリースされたアルバム『KISS THE SUN』は、ポップス部門でプロ録音賞優秀賞に選ばれ“ハイレゾ時代の歌姫”シャンティとして人気を誇る。
17年2月公開映画「サバイバルファミリー」の主題歌に抜擢され、その主題歌を含むベスト・アルバム『SHANTI sings BALLADS』を16年12月にリリースし話題となる。
これまでに日本コロムビア・SAVOYレーベルより9枚のフル・アルバムと、1枚のミニ・アルバムをリリース。オランダのCHALLENGE RECORDSより『CLOUD9』をリリースし、ヨーロッパ・デビューも果たしている。これまでパリで開催されたJAPAN EXPOを含む4カ国6公演のヨーロッパ・ツアーを開催し成功を収めている。
近年はクラシック界気鋭の弦楽ユニット「清水西谷」をバックに歌うコンサートや、ピアノ、ギターによるライヴ等、アコースティック楽器の編成をメインとした公演を行なっており、その明るいコンサートは、世代や性別を超えたどのような人にも歌を届けたいという熱意に溢れ、多くのファンの賛同を集めている。
2020年、湘南ビーチFM金曜4時の環境番組「パチャママ~ Love the Beach~」のラジオ・パーソナリティを務める。また湘南地域で活動している「OCEAN OCEAN」のメンバーとしても活躍。そして鎌倉にサウンド・セラピー ・プライベート・サロンSHIZUKUをオープン。音の周波数で人の心とカラダのバランスを整える癒し空間やワークショップを提供している。
2021年10月全国ロードショーの映画『護られなかった者たちへ』(音楽:村松崇継)の劇中音楽にも歌唱で参加するなど、その活動は幅広く、多くのファンを魅了している。
SHANTI オフィシャル・サイト https://www.shantisnydermusic.com/ 

鈴木浩司 (ヴァイオリン) KOUJI SUZUKI (Violin)
福岡県北九州市出身。2歳よりヴァイオリンをはじめる。愛知県立芸術大学音楽学部にて服部芳子、Ewald Danelの各氏に師事。2008年同大学卒業と同時に、神奈川フィルハーモニー管弦楽団に入団。2012~16年同楽団でフォアシュピーラーを務めた後、2017年より東京交響楽団に入団。これまでにアジア・フィルハーモニー管弦楽団、アフィニス夏の音楽祭等に参加。

奈須田弦 (ヴァイオリン) GEN NASUDA (Violin)
桐朋学園大学音楽学部卒。全日本学生音楽コンクール入選、ブルクハルト国際音楽コンクール入賞。サイトウ・キネン・フェスティバル松本、アルゲリッチ音楽祭、レインボウ21サントリーホールデビューコンサート等に参加。ヴァイオリンを 佐久間大和氏、飯田芳江氏、石井志都子各氏に師事。室内楽を東京クァルテットに師事。現在は日本の多数のオーケストラに出演しソロ、室内楽やスタジオレコーディング、ライヴサポート等、多方面で活動中。

飯野和英 (ヴィオラ) KAZUHIDE IINO (Viola)
東京音楽大学入学時にヴィオラに転向し、卒業後は東京芸術大学大学院修士課程に進学。
その後、渡仏。National De Musique Concervatoire Edger Vareseにて研鑽を積む。サントリーホール室内楽アカデミー第二期フェロー修了。第12回日本演奏家コンクール 弦楽器部門第2位(1位無し)。第19回コンセールマロニエ21入選。兎塚俊之、大野かおる、百武由紀、川崎和憲、Piere Henri Xuereb各氏に師事。2017年1月~2019年8月まで仙台フィルハーモニー管弦楽団ヴィオラ副首席奏者を経て2019年9月より自身の演奏活動を東京で開始。

西谷牧人 (チェロ) MAKITO NISHIYA (Cello)
東京藝術大学、同大学大学院、米国インディアナ大学修了。兵庫芸術文化センター管弦楽団の創設メンバーを経て、2008〜2019年まで東京交響楽団首席チェロ奏者を務める傍ら、東京藝術大学非常勤講師として後進の指導にもあたる。2013年度青山音楽賞受賞。2015年自身のユニット「清水西谷」を結成、全曲オリジナル作品による「KODO」にてCDデビュー。バッハからジャズ、タンゴ、自作自演までジャンルを超えた演奏活動を展開している。

コンサート内容・スケジュール・公演料など、お気軽にお問い合わせください。

ツアー&プロジェクト 一覧へ戻る
Page Top